1. 目的
この規定は、東観音台連合会の果たすべき役割を明確にすることを目的と定め、東観音台2・3・4丁目の共有する諸問題・諸課題に対応するために活動する。
2. 名称
東観音台連合会と呼称する。
3. 組織と運営
本会は、東観音台2・3・4丁目に居住する者によって組織し、本会の下に組織された委員会によって運営される。又、各3町内会と対等な立場を保ち、各町内会と協議して活動するものとする。
4. 活動
1項の目的達成の為、次の活動を行う。
(1)各3町内会共通の防犯、防災、安全に関すること。
(2)各3町内会共通のイベントに関する企画、運営に関すること。
(3)各3町内会共通の環境、美化、建築物に関すること。
(4)各3町内会共通の青少年健全育成に関すること。
(5)各3町内会共通の財産管理、維持に関すること。
(6)上記項目の活動状況を各町内会に報告する。
5. 会議の運営
会長は必要に応じて会議を開催し議長となる。会議の構成員は、会長、福会長、理事、会計及び事務局よりなる。
6. 役員
本会に次の役員をおく。
会長…1名 副会長…数名 理事…数名 会計…1名 事務局…数名
理事として、当年度の各町内会会長が参画する。
7. 役員の選出
(1)会長、副会長…各町内会の会長経験者とする。
(2)理事、会計、事務局…各町内会役員経験者及び有志とする。
東観音台連合会の役員は、各町内会総会で承認が得られて、その任にあたる。
8. 委員会と委員
4項の活動を行っていくため、東観音台連合会に各種委員会を設置する。
(1)財産管理委員会
(2)イベント委員会
(3)安全委員会
(4)環境委員会
(5)青少年育成委員会
(6)広報委員会
9. 広報
本会の活動内容は、理事(各町内会会長)を通じて、各町内会に報告していくと共に、必要に応じて広報誌を発行するものとする。
10. 任期と補充
役員の任期は2年とする。但し、再選を妨げない。又、本人から退任の申し出があった場合は、役員によって検討し、補充をする。
11. 会計
本会の会計は、各3町内会からの負担金・寄付金その他を以ってこれに充てる。委員会予算は、各委員会よりの申し出により、本会計より拠出する。本会の予算は、各町内会総会で承認を得る。
12. 規約の改正
規約の改正は、東観音台連合会で審議し、各町内会総会において承認され改正する。
13. 会計年度
本会の事業年度は、4月1日に始まり、翌年3月31日までとする。但し、会計決算については、全ての委員会とも、3月20日締めとする。
付則
1. 東観音台連合会が、平成17年4月より発足にあたり、規定を作成した。