第16号
09.02.10

2009年の幕開け
第5回・迎春カウントダウンで幕開け

「30・29・28…」伊東実行委員長の声が東第1公園に響き渡る。真っ暗な会場で人間時計のプラカードがスポットライトに浮き上がった。
「10・9・8・7・6・5・4・3・2・1・ゼロ」と最後は会場の約600人の大合唱。カウントゼロで50発の打ち上げ花火、350個のクラッカーの一斉発射、 “おめでとうのたれ幕”が照明に鮮やかに映し出された。
 午後11時から活動ビデオの映写会、熱々のぜんざい(350人分)やドラム缶の火を囲んでの“いろり談議”で始まった。11時45分ごろ会場は一気に600人の参加者で埋まる大盛況になった。日頃あまり町内会活動に触れる機会のない若い世代や現役世代の方がたが、友人や家族連れで参加する姿が目立ち、新しい住民参加イベントになっている。


家庭有価資源回収事業・収益金で
PR+ゴミ袋・便利バスのテスト運行
 家庭資源回収事業収益金の総売上額は529,376円  (H20年12月現在)この財源を使った事業として、
 ≪第1弾≫「さらなる協力のお願い」PR+ゴミ袋の全戸配布(H20年12月実施)
 ≪第2弾≫「生活便利バス試験運行」の実施。
 「便利バス」の運行に関しては、利用状況やアンケートによる運行内容等の要望を取りまとめ、今後の運行計画策定の基礎データ収集を行います。
 当面は貸切バス(第一交通)でのチャーター運行。しかし将来的には「福祉施設等の送迎バス」の空き時間利用や広電バスのルート変更等の研究も必要です。


第1・2回の運行テストを実施
≪1回目:38名、2回目:33名が乗車≫
 たとえテスト運行で“寄付でも利用者が対象”だと「バス事業に該当する」ということで、テスト運行中は「無料」での実験となりました。
 「利用料負担の方法(会員制)」や「積み残し乗客」「行き先要望の多様化」「運営費用のねん出」など、まだまだ多くの課題があります。
 しかし、これから高齢化を迎える東観音台としては、将来を見据えた本運行を目指して、一つ一つ根気よく問題解決に取り組むことが求められています。
≪「便利バス」利用者の声≫
いつもはスクーターで一人の買い物だが、今日は孫と一緒のお出掛けになりありがたい
重い物やかさばる物の購入ができてうれしい
運行日を「水・木」の週中にしてほしい
ビッグに行って欲しい
銀行や病院に行きたい
毎週1回の運行があれば便利

全国から注目!!
 中国新聞(H21・01・22)に大きく報道されました。中国地域で初の「住民がバスを動かした!!」ということで、マスコミ取材が多くなっています。
 しかし現段階では、まだ本格的運行までに解決しなければならない課題がたくさんあります。これらの点については、広島市、西警察署、運輸局西支局等、行政関係者、広電バス等に対して事情説明と円滑な運営について、協議を行っているところです。
 この過程でも、地域の皆さんの応援とマスコミの力が大きな支えになっています。当初は原則論で否定的だった行政関係者も、徐々に実現に向けた道筋を探る対応に変化してきています。

東観音台団地・20周年記念植樹
 平成元年にスタートした「東観音台団地」は、平成の年号と同じ歴史を重ね3,500人、1,200世帯(H20・10現在)が居住しています。
 節目となる20年目を記念するため“桜の記念植樹”を行います。当初は五日市高校グランド西側道路沿いに植樹を計画していましたが、「道路保全上から植樹はできない」ということで、佐伯区土木課と再検討の結果、町内の北第1公園および東第1公園の2ヶ所に“桜の植樹”をすることになりました。
 多数のご参加をお願いします。

【20周年記念・植樹まつり】
・2月22日(日)10:00〜12:00
・観音台東第1公園(2丁目・千同池の上)
・「とん汁」先着100人に無料提供

観音西小学校PTAが大臣表彰を受賞
 地元の五日市観音西小学校PTAの活動が認められ、平成20年度「優良PTA文部科学大臣表彰」を受けました。
 これまで「観西っ子の育成、ふるさと観西の創造」をモットーに、“ナイトシアター”“学校へ泊ろう”“校内外の除草大作戦”等の活動が高い評価をうけたものです。
 この表彰式に参列した現会長の“迫 健さん(観音台2丁目)”と前会長の“谷村敏彦さん(観音台3丁目)”は、それぞれ次のように語っています。
五日市観音西小学校PTA会長:迫 健さん
 このたびの優良PTA文部科学大臣表彰の受賞は、観西小PTAが頂きましたが、これは観西学区の地域全体の活動が評価されたものだと思っています。
 H14年度、学校が週五日制になりましたが、観西小では、前年のH13年度にいち早く対策案を検討し、地域の諸団体の協力をえながら「ふれあい集会活動」を実施してきました。
 今回の大臣表彰は、地域の皆さんが普段から見守り活動など、かげの力で支えて頂いたおかげと感謝しております。今後ともよろしくお願いします。

五日市観音西小学校前PTA会長:谷村敏彦さん
 皆さまには日頃から、地域の子ども達の育成に ご尽力いただき感謝しております。観西学区では H14年に「おやじの会」を立ち上げ、“地域行事の援助”“主催行事の実施”“奉仕活動”の3本柱で活動しています。昨年より“夜間パトロール”を毎月5・0のつく日(6回/月)に、メンバーが手分けし21:00から約2時間、学区内を巡回しています。
 また夜間パトでは、佐伯運動公園の上(火葬場付近)や町内の公園等の“ゴミ拾い”もしていますが、毎回ゴミ袋4〜5袋になり、マナーの悪さにガックリしながらも清掃後の達成感を味わっています。
 現役世代の私たちは夜間や休日を利用して、昼間の皆さんの活動を少しでもカバーできればと思っています。これからも「観西おやじの会」を温かくご支援ください。

予   告
【植物公園で2つの行事】
・4月5日(日)東観音台の「花見の会」
・5月4日(月・祝)餅つき&販売
(乙女会・おやじの会)



企画・編集:東観音台連合会 広報委員会
発行:広報委員長 原田敬至

文責:中倉 勇