第17号
09.04.20

便利バス・隔週の運行体制へ始動!!
第1回・東観音台ふれあい花見会
≪初のふれ愛花見会 112名が集う!!≫

4月5日(日)広島市植物公園で“東観音台ふれあい花見会”を開催しました。
 前日の雨がうそのように晴れ上がり、絶好の花見日和の中、幼児から高齢者まで112名が集まり、紅白の幕に囲まれた一角でふれあい花見会を行いました。
 これまで東観音台では、住民が顔を合わせるイベントは、秋のフェスタ(お祭り)と年末のカウントダウンでしたが、今回のお花見という新しい顔合わせの場が初登場したわけです。
 会場では家族団欒のグループ、仲良しグループなど、花見ならではの華やいだ雰囲気とゆったりしたムードが漂う風景がみられました。
 会場ではコンサート、湯来町の餅つき、五日市商工会の物産販売などもあり、花と音楽と食を楽しむという贅沢なひと時を過ごしました。

(参加者の声)
 高齢者の方から「なかなか花見に出かけることができませんでしたが、皆さんと楽しい時間が過ごせました。お世話下さる方にお礼を申し上げます」
 若いファミリーの方は「小さい子ども連れでも気軽に参加できました。ここには桜だけでも68種類もあると聞いてびっくりしました」
 ある女性の方は「最高のお天気になり、桜の花もちょうど見ごろで、気が晴れ晴れとしてうれしい!」
 と喜びの声を寄せていました。
 「ふれあい花見会」は、参加費57,900円と飲み物やおつまみ等の販売収益16,700円のほか、有価資源回収事業会計から78,200円が補助金として支出され運営されました。

桜と競う?
熟年のグループ
子ども連れで楽しむ
若いパパたち

観音台2・3・4丁目総会終わる
≪1回目:38名、2回目:33名が乗車≫
 東観音台の3町内会は、4/11〜12にそれぞれ定時総会が開催されました。これで4月から各町内会とも新役員による活動がスタートします。
 当面、6月には町内の一斉清掃や五日市高校の文化祭への出店などが予定されています。新役員の皆さん、今年もよろしくお願いします。

便利バスいよいよ長期テスト運行へ!!
 「東観音台・便利バス」はマスコミでも大きく報道されるなど、地域活動の新しい取り組みとして注目されています。
 当初、路線バス免許が必要と指摘された問題は「会費制による運行」ということで、会費は有価資源回収事業の収益金や寄付金等で賄う方法で実施することになりました。
 4月からの運行は第一交通鰍フマイクロバスをチャーターして実施します。
(1回、3時間の貸し切り)

【運行日と運行時間】(4〜7月運行表より)
 
≪運行日≫
4月 8日 (水) 22日 (水) の2回
5月 13日 (水) 27日 (水) の2回
6月 10日 (水) 24日 (水) の2回
7月 8日 (水) 22日 (水) の2回

≪運行時刻・運行コース≫
★東観音台団地発 12:30、13:30、14:30
★コース
 @ビッグ→Aフレスタ→B区民センター前→
 C生協ひろしま→Dサンリブ→東観音台団地
このコースを3回まわります。
3回目の東観音台団地帰着時刻は15:15です。

なぜ便利バスの運行が注目されるの?
 政府の規制緩和により、バスや鉄道などの公共交通機関の運行が認可制から届け出制に変わり「事業者の判断で運行を決めることができる」ようになりました。
 このため都市部の築20年以上の住宅団地で、どこも同じようにバスの減便や路線廃止が行われ、交通弱者にしわ寄せがきています。

◆トピックス◆
西広島タイムス、リビング新聞が「便利バス」の取材に来訪。

◆運営スタッフ募集◆
バス運行に添乗するスタッフを募集します。
バス運行日に合わせてローティションを組みますので、ご協力ください

東観音台団地・20周年記念植樹
 2月22日(日)に、北第1公園(3丁目)および東第1公園(2丁目)の2ヶ所に“7本の桜の植樹”をしました。
 前日から町内の方が重機を使って、硬い土を掘り起こし植込みの準備作業が行われ、22日は東第1公園で、子ども達も参加し伊東イベント委員長から植樹の方法を学び、最後の2本の植え込みをして植樹祭を盛り上げました。
 その後、乙女会の方々の手づくりの「熱々のとん汁」がふるまわれ、一同舌鼓をうち祝いました。

お年より(老人クラブ)も春を満喫!!
 東観音台地区老人クラブ(熟年会)は、4/7東観音台第1集会所で62名が参加し「お花見会」をしました。今年の開花は咲き始めが1週間も早くなり、予定した花見会には桜が散っているのでは?と心配しましたが、その後の冬型の気象が幸いし、7日の花見会はちょうど桜も満開でした。
 当日は美味しい弁当とお酒を酌み交わしながら、ビンゴゲーム、カラオケと笑い声も絶えず、愉快で楽しい一日を過ごしました。
 このような集まりは、年をとると外に出る機会が少なく、友達と会うのも久し振りになるので懐かしさも手伝い、おしゃべりしながら共感とお互いの健康を確認し合う有意義な集いとなります。
 次は、5月の小旅行や8月の納涼の集いでの再会を約束し散会いしました。

〔老人クラブ・熟年会とは〕
 観音台2,3,4丁目に居住するおおむね60歳以上の人たち93名で組織しています。老人クラブの活動を通して、毎日を楽しく健やかにと頑張っています。



企画・編集:東観音台連合会 広報委員会
発行:広報委員長 原田敬至

文責:中倉 勇