第44号
12.7.15

●東観音台団地のルーツ倉重郷土誌が完成●

●と~かん連合会の活動に見学相次ぐ●


倉重町内会が郷土誌を発行
3年かけコツコツとまとめたそうです
“倉重・わがまち伝承誌”(250ページ、カラー版)が、本年4月発行されました。発刊までの3年間27名の方たちが「私たちが今やらねば…」という粘り強い気持ちの成果です。
その内容から東観音台団地の歴史を垣間見る
ことができます。
昭和49年(1974)に五日市高校の建設。昭和59年(1984)に団地造成を開始、平成元年(1989)に団地造成が完成。
面積466,468平方メートル、総事業費140億3600万円。開発工事は日本国土開発㈱、㈱大林組の共同事業体の施行という歴史が分かります。

了屯の力石・はなそけの岩
倉重2丁目(岡本幸雄さんの庭)と坪井との境界付近にある「力自慢の了屯岩」。植物公園入り口道路わきにある「はなそけ岩」という昔の岩盤の一部など、地域で語り継がれた物語があります。

興味深い正楽寺の由来
浄土真宗・正楽寺は、大同4年(798)に真言宗昌楽寺として開山され、その後浄土真宗に改宗されたとあります。本堂入り口にある「南明山」の山号額は昭和3年(1928)水害の流木とのこと。

“倉重・わがまち伝承誌”の閲覧は、
★観音台公民館・倉重荘(貸出不可)
★佐伯区図書館(貸出可)でできます。

東広島市・住宅団地ネットが見学
と~かん連合会と3町内会が連携した地域課題解決への取組が各地から注目されています。
(その1)
6月25日(月)に東広島市で自治会の再編成に取り組んでいる地域リーダー18名が、研修のため当地区の取組について視察に来られました。
(その2)
7月1日(日)広島市周辺の郊外住宅団地ネットーワーク(10団地が参加)の方たち(専門家も参加)が“と~かんカフェ”の見学と活動の実態について視察にみえました。
当日は“と~かんカフェ”が中止になり、大変残念がっていましたが、活動状況についてDVDやパワーポイントによる活動紹介の後、団地内を見て回り、専門家の立場から、建築緑化規定(自主規定)の運用状況や一部アパートが建っている状況など、突っ込んだ質問もありました。
その一方で介護系の施設が3つもあること。五日市高校との連携については、「どうしてそんなこができるのか?」と、疑問と羨望の声がでていました。当日は中国新聞とホームTVも同行取材に来ていました。

“と~かんカフェ”にヤングファミリー
“と~かんカフェ”(毎月第一日曜日開催)には、毎回、のべ80~100名の人たちが集い、コーヒーと手づくりクッキーを味わい、相談や買い物も楽しめる「楽しい語らいの場」になっています。
また最近は幼児を連れた若い家族の参加も増えて、世代を超えた地域の方がたが集う“街の縁側”として、新しいまちの風景となっています。

安全・防災委員会の活動から

6/30(土)、東観音台連合会の安全・防災委員会の初会合を開催し、本年度の具体的な活動について話し合いを行いました。

《安全活動》
日常の活動は各町内会単位で自主的に行い、と~かん連合会の役割は、交通安全と防犯活動の支援をしています。
支援の内容は次のようなものです。
①活動のためのグッズの提供
帽子、ジャンパー、腕章、警棒などですが、観西学区“さくらんぼ隊”の赤ジャンパーと帽子、と~かんスタッフの青ジャンパーなど、多彩な服装で小学生の登下校の見守りサポートを支援。
②防犯のぼり旗
町内の目立つ所にグリーンの「防犯パトロール中」の幟が立てています。これもと~かん連合会防犯委員会のものと、観西学区からのものが混在しています。
③こども110番のステッカー
「子ども110番の家」のステッカーが、商店や日ごろ在宅が多い家に張ってあります。“子どもが危険を感じたら助けを求める”ことになっています。
小学校では、“こども110番の家”のリストがあり、日頃から「小学生が万一危険を感じたら110番の家に助けを求める」よう指導しています。
110番の家の方によると、トイレを借りに来る子どもあるそうです。いろいろですね。
④東観音台フェスタの会場警備
毎年、地域の秋まつり“東観音台フェスタ”で、会場周辺の警備を担当しています。周辺の道路への駐車禁止、会場に出入りする車両の誘導などを行っています。


《防災活動》
①防災用具の整備
現在、リヤカー1台、スコップ1個しかありません。これから一輪車、スコップ、土のう袋等の整備を予定しています。
また第一集会所玄関下の空き地に、機材等を収納する倉庫を設置する計画もあります。
②危険個所の点検
7/1(日)、団地内の危険個所の点検を行いました。6・29土石流災害(H11年)が発生した砂防ダム、東側のり面(植物公園側)などを目視による点検を実施しました。
現在のところ地域内で危険度の高い状況は見られませんでした。
③防災訓練の実施
例年、東観音台で独自に“避難訓練”を実施していましたが、今年は8/26(日)に観西学区自主防災会連合会・佐伯区役所・佐伯消防署・佐伯消防団・医師会・五日市高校の共催で、「生活避難場所の運営訓練」が実施されます。
詳しい実施内容が決定した段階で、各町内会自主防災会より別途連絡があります。

(安全・防災委員会/本山謙治、舟谷清)

恒例 お楽しみ夕涼み楽会(予告)
間もなく子どもの夏休みと本格的な夏がやってきます。今年も7/29(日)ファイネス駐車場、で“と~かん夕涼み楽会”を開催します。
お馴染みのカントリーバンド、ハワイアンバンド、フラダンスに、今年は沖縄の三線演奏も加わります。
屋台も生ビールなど多彩なメニューを準備中。シャボン玉の無料配布もあり、子どもからお年寄りまで誰も楽しめる“ビアガーデン”を目指し只今準備中です。ご期待ください。


企画・編集:東観音台連合会 広報委員会
発行:広報委員長 原田敬至

文責:中倉 勇