第48号
12.11.1

“フェスタ2012”で東観音台がお祭り一色

ストーブ、扇風機、電子レンジ等
特定有価資源の収集が終わります



お祭りは子どもと若者が主役
ちびっ子も頑張っています 隠れた人気のフリーマーケット
秋の3連休のなか日、10月7日(日)「東観音台フェスタ2012」が賑やかに開催されました。幸い天候にも恵まれ、町内の方がたを始め近隣からも大勢の方が来場され賑わいました。
当日は4時間の“みこし町内巡行”(午前9時~午後1時)に続き、メイン会場では午前10時から“屋台”“餅つき”“ゲーム”“夜店”“フリマ”が賑々しくオープン。神輿の町内巡行を終えた子どもや高校生に「搗きたて餅」を無料配布。

空へ・高く舞う“みこし”
威勢よく舞いあがる神輿 五高生の書いたたれ幕の前で踊る子どもたち
メインステージでは、午後1時みこしの到着に合わせて、力強い“津軽三味線”の演奏が始まり、高校生の担ぐ神輿が会場を一周し、最後はワッショイの声とともに空中高く舞い上がりました。
“和太鼓”の演奏に続き、袴にたすき掛けの書道部女子高生が、和太鼓のリズムに合わせながら “書道パフォーマンス”で、ステージの垂れ幕を見事に書きあげました。このほか五高生の軽音楽の演奏もあり花を添えていました。

子どもに大人気の縁日
子ども達とって夜遅くまで遊べるお祭は楽しい。ここでの人気は“射的・輪投げ”と“金魚すくい・ヨーヨー釣り”“綿菓子”1個10円の“駄菓子”と、どこも子ども達が絶えない状況でした。

大抽選会・夜神楽で盛上り
特別賞に新米30キロの大当たりが出る大抽選会。午後5時の時点で会場にいる全員に、くじ引き券(500枚)が配られました。場内は司会者の声に聞き耳を立て自分の当選番号と見比べながら、ため息と次への期待感でワクワクしながら45分間の抽選会を楽しみました。
この間、裏では神楽の準備が着々と進められ、午後7時から大森神楽団(湯来町)による「源頼政」「大江山」「八岐大蛇」の3番が演じられました。


五高書道部が全国大会で活躍

五日市高校書道部は、地域の行事でも引っ張りだこの人気ぶりですが、その腕前は全国トップレベルで注目されています。
最近も、相次いで全国大会で優勝や準優勝と全国大会で大活躍しています。
その1
7/29“第5回全国高校書道パフォーマンス選手権大会(通称、書道の甲子園といわれている)で、3年連続で準優勝に輝いています。(第2回大会では優勝しています)
その2
10/7、第25回全国高校揮豪大会では、個人の部で、3年生の野村さんが優勝の栄冠に輝きました。

※五高書道部への「タオルの寄贈」に協力ください。“と~かんカフェ”と“歌声喫茶”の際に受け付けています。


有価資源収益金・活用プロジェクト

まちの縁側・と~かんカフェ
★日時:11月4日(日)10;00~12;00
★場所:ファイネス駐車場
★幼児向け「ぬり絵」があります

歌声喫茶
★日時:11月11日(日)13;00~15;00
★場所:第一集会所
★参加費:100円(コーヒー&クッキー)


大切なお知らせ

特定有価資源の回収が終了します
下記の器具類の回収が11月10日(土)を最後に回収中止となります。
★ヒーター、電気ストーブ、扇風機、
★ラジカセ、炊飯器、電子レンジ、
★ホットプレート、ガステーブル、
★金属製キャビネット、金属製の梯子、
 衣類乾燥機など


企画・編集:東観音台連合会 広報委員会
発行:広報委員長 原田敬至

文責:中倉 勇