第56号
13.10.25

若さが弾けた!! 東観音台フェスタ2013
宙に舞う“と~かん神輿”


子ども・高校生など280人がみこし巡行
10月13日(日)は、旧五日市では各地でお祭が行われました。ここ東観音台団地でも“フェスタ2013”が、例年に増してにぎやかに開催されました。
今年は、町内の子ども、保護者、役員、五高生(80人)で総勢280人による“と~かん神輿”が、町内を4時間かけて巡行しました。お花ありがとうございました。
午後1時。神輿がメイン会場に入ると、力強い津軽三味線の演奏の中“ワッショイ・ワッショイ”の掛け声とともに会場を2周し、メイン会場ステージ前で神輿が青空高く舞い、めでたく巡行納めとなりました。
すばらしい女子高生のパワーでした。

子どもは俵みこしで“やっとこせ~”
五日市地域ではが五穀豊穣を祝う“俵みこし”が奉納されています。今年は観音神社で神輿が復活し、高山神社跡(現倉重荘)から観音神社まで3基の神輿が練りました。東観音台団地では“本みこし”と“俵みこし”が町内を巡行しています。
この神輿巡行の際の道中うたとして「伊勢音頭」が歌われています。観音神社の神輿では、さすがに「伊勢音頭」を生で歌っていましたが、東観音台ではテープで流しています。子ども達も元気な掛け声をかけていました。こうして東観音台の子どもたちは元気いっぱい町内を回りました。
“と~かんの子ども達”に幸あれ!!

爽やか・子ども神楽の上演
今年の神楽は大森神楽団(湯来町大森)による子ども神楽“瀧夜叉姫”と“土蜘蛛”“八岐大蛇”の3番が上演されました。
子ども神楽“瀧夜叉姫”は、舞いやお囃子のすべてを子ども達が担当し、すばらしい神楽上演に会場から大きな拍手が送られていました。

ステージプログラムから

★オープニング 五高軽音楽部
★津軽三味線 演奏中に神輿入場
★書道パフォーマンス 五高書道部
★オカリナ演奏、ポップス
★ビッグバンド演奏(舞台いっぱいの演奏)
★子どものダンス ムームーズ、P&B、Jr
★呉フォーク村 演奏&と~かん音頭の発表
★大抽選会 特等 米30㌔ほか
★神楽 大森神楽団

屋台・餅つき・ゲーム・縁日・フリマ

★「屋台」生ビール、うどん、焼き鳥他
★「餅つき」60㌔を子ども、高校生に配った
★「ゲーム」射的、輪投げ(子どもに人気)
★「縁日」おやじの会が出店(中学生が手伝い)
★「フリマ」4店が出店

 

≪町内会応援者の皆さんへ感謝!!≫
“東観音台フェスタ”は、と~かん連合会と町内会が共同で開催しています。これからも「暮らしやすい街づくり」を目指して一緒に楽しく頑張りましょう。ご苦労さまでした。
(東観音台フェスタ2013実行委員長・岸崎)

忙しかった裏方のあれこれ
★「警備」・来場者の安全誘導
  ・出演者等の車の誘導と駐車管理
★「受付、食券販売、ゴミ整理」
★「設営、撤収、倉庫の収納、ゴミ整理」
と、裏方を支えたイベント委員の皆さん、設営・本番・撤収と続いた3日間の活躍。ほんとうにご苦労さまでした。

ゴミ出し&有価資源回収について
有価資源が完全に回収されている不思議
最近、テレビで“消える古紙”の報道がありました。(RCC・NHK)どこの地域でも「廃品回収」で少しでも収益を上げようと取り組んでいます。
テレビ放映では「古紙回収の横どりが横行し対策に困っている」と訴えていました。“と~かん連合会”の取り組みをRCCが取材した際「なぜ?ここでは横どりがないのか?」と不思議がっていました。
それは「住民同士、お互いの顔が見えるコミュニティが横どりの侵入を防止しているからではないか」という結論になりました。ご意見をください。

ゴミステーションでの有価資源4分類に協力を…
有価資源回収の“新聞、紙類”“段ボール”“アルミ缶”“その他の金属”と集める種類ごとに収集車が廻っています。そのためステーションごとに種類別に分けて頂くと大変助かります。ご協力ください。

ゴミ出しのルールを守ろう
ご存知ですか。広島市が収集するゴミ収集の際、段ボールに入れたゴミは収集しません。時々こうしたゴミ出しを見かけますが、段ボールは資源ごみ扱いになります。段ボールに入れたゴミはダメ。
またゴミ(特に生ゴミ)を前日に出すことはルール違反です。必ず朝出すようご注意ください。

地域の出来事・意見・提案をお寄せください。
企画・編集:東観音台連合会 広報委員会
発行:広報委員長 原田敬至

文責:中倉 勇