第73号
平成27年7月20日発行

七夕に思いを託しました
この団地の将来は大丈夫ですか?


“と~かんカフェ”で七夕まつり
 7/5(日)、と~かんカフェで多くの方が七夕に思いを託しました。最近は笹を川に流すことができないため、昔からの伝統行事がだんだんと見られなくなってきました。
 と~かんカフェでは、毎年この時期に七夕飾りを楽しみ、思いを短冊に書いて天の川に流しています。
 今年もたくさんの願いが込められた短冊が、笹の葉とともに天の川に流され、しばしメルヘンの世界に思いを馳せました。
 以下、その思いの一端をご紹介します。

●いいことがいっぱいありますように
●笑いをしっかり健康第一
●タローちゃんが元気に生まれますように
●(東京都広島で)赤ちゃんが無事に生まれますように
●身体健全二人が元気で過ごせますように
●九十歳まで元気で…
●初恋が実りますように
●世界の平和
●祈 カープの優勝
●カープの優勝日本一になりますように
●いつまでの元気でお酒が飲めますように
●観音台がもっと元気になりますように
●みんなが元気で過ごせますように
●一年後には自由になりたい M
●コミニュケーションをとって平和な社会を
●いつまでも仲良く元気でいられますように
●一日一日元気で皆さんの友でありたい
●いつまでも元気で過ごせますように
●熟年会のみなさんが健康でありますように
●商売繁盛 もみじ工業


ヤドカリ盆踊りへどうぞ
◆観音台1丁目町内会
 ・8月1日(土)ちびっこ広場
 ・午後3時ごろ~いろいろあります
 ・盆踊りは、午後7時から
◆倉重町内会
 ・8月8日(土 )午後7時
 ・練習日:8/4 8/6 倉重荘
 ・倉重荘横の公園(第4公園)


≪第7回・と~かん夕涼み楽会≫予告
★7月26日(日)午後5時30分~9時
 ・食品販売:午後5時から
 ・ステージショー:午後5時30分から
★ちびっこに“シャボン玉”無料
★ちびっこが主役!!“妖怪体操”
★ステージ:軽音楽、三味線、盆踊り?
≪魅力いっぱいのメニュー≫
★飲み物(生・缶ビール、焼酎、ジュース他)
★食べ物(枝豆、焼き鳥、と~かん焼)
    (トン汁、おにぎり各種)
    (焼きそば、フランクフルト)
    (きゅうりスティック)
    (フルーツ白玉、パインスティック)
★ゲーム(ヨーヨー釣り、光るおもちゃ他)


住宅団地の活性化に向けて(広島市)
 本年3月、広島市企画総務局・政策企画課において、2年間の有識者会議を経て「住宅団地の活性化策」が取りまとめられました。
 郊外住宅団地は、当初の成長期(30~40歳の子育て世代が入居)⇒活性期(人口がピーク)⇒成熟期(初期段階では、元気な高齢者が多い)⇒成熟期(中期段階では、定年退職、子どもの転出等で活気が低下、公共交通の減少、活動の低下)⇒成熟期(後期段階では、人口減少、役員の高齢化、コミュニティの崩壊)
 東観音台団地は、完成から27年目で成熟期の初期段階から中期段階にかかっています。
 地域課題としては、すでにスーパーの撤退やバスの減便等で生活の利便性低下を招いています。これからは「一人暮らし高齢世帯の増加」「空き家の増加」等が考えられます。
 報告書では、対策として“住宅団地活性化プランの策定”を呼びかけています。この活性化プラン策定に対する補助制度が6月議会で承認された、ということです。


住宅団地の活性化に向けて(つづき)
 以下、その概要をお伝えします。
≪施策1≫
「まるごと元気・住宅団地活性化の支援」
 ①住宅団地プランの作成
 ②空き家を活用した交流拠点づくり
 ③空き地を活用した菜園や花壇づくり
 ④プラチナ、リタイヤ世代の地域デビュー
 ⑤ネットスーパーの環境づくり
 ⑥勉強会の開催など
≪施策2≫
「住宅団地の空き家への住み替えの促進」
≪施策3≫
「“近くて安心”親子近隣居住の促進」
≪施策4≫
「高齢者の支え合いモデル事業の取組」
≪施策5≫
「“協働労働”モデル事業の展開」
≪施策6≫
「乗合タクシーの導入など」
≪施策7≫
「老朽化した空き家対策」
 以上、主な項目について広島市の考え方をお伝えしましたが、“協働労働”モデル事業については、昨年度安佐北、南区がモデル地区として先行していますが、今年度は佐伯区がモデル地区として取組が行われることになっています。
 詳しいことは、佐伯区役所地域起こし推進課にお問い合わせください。
報告書は観音台公民館においてあります。


土砂災害に備えよう
 梅雨の末期には集中豪雨が予想されます。天気予報や警報に注意し、万一の持ち出し品の準備と避難場所の確認をしましょう。


企画・編集:東観音台連合会 広報委員会
発行:広報委員長 原田敬至

文責:中倉 勇