第94号
平成29年8月10日発行

と~かん夕涼み会・踊った 飲んだ 食べた
子どもの元気な声が会場を盛り上げました

子どもが主役で盛り上がり
 第9回“と~かん夕涼み会”が7/29(日)、
会場を東第2公園(第一集会所横)に移して開催されました。
 これまでは、ディサービス・ファイネス駐車場(旧サンプラザ跡)で人目につきやすい好立地でしたが、日曜日しか利用できないことと、設営や撤収に多大の労力を要していました。
 運営はイベント委員の自主参加ですが、設営や撤収の省力化を図るため、会場を東第2公園に移して開催しました。人目につきにくいので参加者の減少が心配されましたが、500人をこえる参加者で賑わいました。
 思わぬ効果もありました。子どもたちの参加で、光るおもちゃや花火を楽しむ姿が、会場ムードを盛り上げ“と~かん縁日”を思わせる賑わいを醸し出していました。

生演奏と生ビールで至福タイム
 浴衣とアロハのJBローズの軽音楽の演奏が、と~かん夕涼み会の前半を盛り上げました。生演奏を聴きながら生ビール片手に焼き鳥。贅沢な“と~かんビヤガーデン”が出現しました。

と~かん音頭で踊りました
 東観音台のオリジナルソング(と~かん音頭)が盆踊りになりました。
 ♪瀬戸の海から朝日が昇る 島の影間に小舟が漂い…♪ リズミカルな節回しとゆったりとした踊りが、穏やかな東観音台団地の風情とマッチしていました。

今年も雷雨にやられました
 開始直後の午後6に突然の雷雨でした。 最近の天候は突然の襲来が多いですね。
 しかし設営で万一を想定したテントのおかげで、JBローズの楽器や放送機材、屋台、やぐらの太鼓等は無事でした。
 スタッフの皆さんの動きはさすがで、ずぶぬれになりながらの雨対応。机や椅子のふき取りなど手際よくこなしていました。しかし一方で帰られた方や来場を見合わせた方も多かったように思います。
 “泣く子と天気には勝てません”雨に負けない見事な対応をしたスタッフの皆さん、ご苦労様でした。

スタッフの皆さんに感謝
 “と~かん夕涼み会”は、有価資源回収事業の収益金活用プロジェクトです。企画運営は イベント委員会が担っています。(自主参加者と町内会役員で構成)
 猛暑の中での設営は熱中症との戦いでもありました。と~かん連合会イベント委員の皆さんに紙面を借りて敬意と感謝を申しあげます。
 こうした町内会サポート活動は、国交省の地域づくりでも先進事例で紹介されています。


東観音台キレイ隊”のり面や公園の清掃
町内会と自主グループ活動で“美しく”“楽しい”まちづくり

東観音台キレイ隊だより
 キレイ隊が発足して1年4か月が経過しました。この間公園2ヶ所の清掃活動(月1回)と土手2ヶ所の草刈りを実施しました。これらの活動を通じて「公園の美化と公園設備の不良個所の改善」が実現しました。
 また土手の草刈りを行うことにより、ポイ捨てが少なくなり、近辺を散歩しても気持ちよく歩けるとの声が寄せられています。

キレイ隊の活動に参加してください
 現在の会員数は2丁目・3丁目・4丁目の男女合わせて21名です。大半が65歳以上です。常に何事にも取り組んでいく気持ちが旺盛で、これからも新しい活動への取組に意欲満々です。
 課題もあります。活動者数がここ一年増えないので、今後の活動に支障を来たしてくるのではないかと危惧しています。
 会員募集は常に行っていますが、なかなか申込みがないのが実情です。
 そうしたなか、広島市が「高齢者いきいき活動ポイント事業」の団体を募集しましたので、“東観音台キレイ隊”も活動者団体として申請しました。
 活動団体として認められれば70歳以上の方であれば、参加1日ごとに1ポイント認められる(1ポイント100円)予定です。実施予定日は29年9月1日からです。
 こういう特典もありますので、是非参加していただいて、活動は多少大変ではありますが、楽しみも加わったキレイ隊を応援してください。


≪キレイ隊・参加者募集中≫
◆問合せ:観音台2,3,4丁目町内会
◆申込方法:ホームページより申し込む
 http:/ 234garden-meeting.jimdo.com/
◆申込受付:随時受け付けています


企画・編集:東観音台連合会 広報委員会
発行:広報委員長 原田敬至

文責:中倉 勇