第96号
平成29年11月25日発行

と~かんカフェで
転ばぬ先の杖“車イスの講習”で安全生活へ前進

12/3・“と~かんカフェ”に県大生12名が参加します

チカラがいらない車イスの操作!!
 東観音台団地には、老人介護施設の事業所が3つあります。11/5、“と~かんカフェ”で介護の相談コーナーを担当していただいている㈱クォーレの提供で、「車イスの扱い方」や「健康ウォーキング」について、介護職員養成研修の担当講師による「車イスの扱い方」「安全な歩行介助」についてミニ講習がありました。
 ミニ講習会では限られた時間のため、さわりの部分だけの講習でしたが、正しい操作方法を知っていれば、安全で楽々介助が可能と納得しました。
(と~かん有価資源委員会)

広島県立大学の学生が参加します
 12/3(日)の“と~かんカフェ”に、広島県立大学の学生(県大生)が、地域理解講座の一環として12名が参加します。学生の専門分野は「国際文化」「経営情報」「生命化学」「作業療法」「人間福祉」です。当日、感想や意見を求められると思いますのでご協力ください。

広島大学の調査に協力しています
 広島大学・大学院工学研究科 建築計画学研究室(准教授:角倉英明、学部4年山口素子)が「2階建て戸建て住宅における高齢者の住まい方」について、熟年会と乙女会の協力をえてアンケート調査、行動記録を実施中です。
 この調査は毘沙門台団地(安佐南区)と東観音台団地で行われています。研究成果により戸建て住宅のあり方への示唆が期待されます。

福祉の今西さんをしのぶ
 ㈱クォーレの創設者今西純一さんは、H13年度の2丁目町内会の副会長でした。当時、介護という言葉もない時代に「福祉の充実」を提案され、福祉のまち東観音台を提唱されていましたが、急逝されました。(なかくら)

と~かん団地は元気!! 活動のいろいろ

青少年育成部のバスツアー報告
 東観音台・青少年育成部(子ども部支援)は、9/24、子ども45名、保護者21がバス2台に分乗し、湯来交流体験センターに行きました。
 現地では“ヤマメのつかみ取り”“ストーンアート”“アイスクリーム作り”と盛りだくさんのメニューに子どもたちは大張り切りでした。
 昼食のおかずは“ヤマメの塩焼き”、デザートは地元の砂谷牧場の新鮮牛乳で作ったアイスクリームで一同大満足の一日でした。
 自然石に思い思いの絵を描いたお土産の“ストーンアート”は、今も机の上で楽しい思い出を語っていると思います。
 子ども達にとっては楽しい思い出の1ページができたと思いますが、参加した保護者の方からもお互いの絆ができたと喜んでいました。

夏休みラジオ体操会(青少年育成部)
 今年も夏休みラジオ体操会を7/24~8/3と期間を短くして実施ました。
 延べ130人の子どもが参加しました。最後に参加賞を渡し「元気で夏休みを過ごそう」と、ラジオ体操会を終わりました。

東観音台キレイ隊の活動
 H28年4月にスタートした「東観音台キレイ隊」は、現在26名の隊員が活動しています。
 主な活動場所は4丁目“観音台北第3・4公園”、3丁目“観音台北第2公園”、4丁目“東側のり面、”2丁目“小谷のり面”、“新橋付近のり面”等です。
 勾配のあるのり面の草刈り作業にも挑戦していますが、公園の清掃では排水溝の清掃や街灯の点検等も行っています。


参加者を募集しています
≪目標≫
東観音台団地の豊かな景観と良好な環境を守ります。活動を通じてメンバーの連帯感の醸成と地域の環境美化に貢献します

≪活動日と作業≫
・毎月第2土曜日 8:00~1,2時間の作業
・女性の方でも楽々参加できます

≪いきいきポイント対象≫
キレイ隊の活動で2ポイントつきます
「高齢者いきいきポイント対象の事業」

≪参加申込先≫
・2,3,4丁目町内会役員、又はHPで申込む

≪ホームページ≫
下記のキレイ隊HPで活動状況をお知らせしています、申し込みもOKです
http://234garden-meeting.jimdo.com/


企画・編集:東観音台連合会 広報委員会
発行:広報委員長 原田敬至

文責:中倉 勇