第99号
平成30年4月10日発行

さくら吹雪の第10回と~かん花見楽会
これまでで最高に楽しかった“花見会”でした
満開のさくらの元で春を満喫
満開の桜と紅白幕でムード満点の公園
 4月1日(日)、第10回と~かん花見楽会に100名を超える“と~かん人”が、ちびっこ広場(観音台1丁目)で春を満喫しました。
 今年の桜は例年より早く開花しました。気象用語では“春に3日の晴れなし”と言われていますが、今年は晴天続きで雨がほとんど降りませんでした。
 そのお陰で、さくら吹雪の中で最高の花見会になりました。

飲んで食べて・ふれあいと語り合い
3世代ファミリーで参加 準備万端・受付の皆さん
 紅白幕に囲まれた“ちびっこ広場”に、11:00ごろから三々五々「第10回と~かん花見楽会」に集まりました。
 BGMが会場の雰囲気を盛り上げるなか、花見弁当+桜餅を手に、熟年会や仲良しグループ、ファミリーグループ等が思い思いの座机を囲んで、話の輪が広がっていました。
 会場では“ビール”“焼き鳥”“枝豆”“甘酒”“お茶”“ジュース”などの販売もありました。

町内会の総会に参加しましょう
来年の花見会は第2公園になりそう
 10回目の「H30年・と~かん花見楽会」は、観音台1丁目町内会のご厚意で“ちびっこ公園”で開催されました。
 しかし以前から「東観音台団地できないか」という声が寄せられていました。そこで佐伯区役所との協議の結果、東第2公園(第一集会所横)に、成木の“桜の植樹”をすることになり、さっそく桜の木が植樹されました。
 来年の「と~かん花見楽会」は東第2公園で開催することになりそうです。ご期待ください。

桜の木を大切に育てましょう
 桜の木を大切に育てましょう。根元を踏んで土が固くなると木が弱ると言われています。
 また、子ども達が枝に触ったり、折ったりしないようご注意ください。

と~かんイベント委員会・参加者募集
 と~かん連合会のイベント委員会は、観音台2,3,4丁目町内会のイベント支援のボランティア組織です。企画会議も飲みながら和気あいあい(500円会費)。イベント参加も好きなイベントや都合のよい日程に合わせて参加できます。
 現在、約40名の自主参加者と町内会役員6名 (1町内会より2名)で構成されています。

【問い合わせ・申込先】
・2丁目:佐々田次雄
・3丁目:木下繁行
・4丁目:舟谷 清
・事務局:中倉 勇
【女子会】流田尚子
※イベントの裏方支援など
【男子会】樋口竜大
※みこし巡行・おもちゃ売り場など

総会は町内会活動を知る機会です
 近年、全国的な傾向として町内会加入率が減少し、地域住民の絆にほころびが見られ、地域の安全や安心社会の危機が心配されています。
 幸い東観音台団地は、町内会加入率が高く活発な活動が実施されています。この地域の町内会活動は、町内会が基盤となって「観音西学区連合会」+「と~かん連合会」が、緩やかに連携しながら活動しています。
 4月は各町内会で年1回の総会が開催され、役員や班長の交代もあります。できるだけ総会に参加して町内会活動を応援しましょう。
 行政も「近所で近助」を合言葉に町内会加入促進を支援しています。

30年度/三世代同居・近住支援事業
 広島市では「小学生以下の子ども(出産予定を含む)がいる世帯で、広島市内に住む親元に住み替えか、同居や近住を始める場合、引っ越し費用などの一部を助成する施策です。

【助成額】費用の1/2(上限10万円)
【対象期間】H30年4月~H31年3月
 住替え後(住民票の移動後)の申請はダメ
【受付開始】H30年4月1日以降
【予定件数】120件、※先着順
【町内会加入】必ず町内会に加入すること
【問い合わせ・申請先】
受付や申請方法は市のホームページで確認
広島市企画総務局コミュニティ再生課


企画・編集:東観音台連合会 広報委員会
発行:広報委員長 原田敬至

文責:中倉 勇